ネイリストの就職先は?

ネイリスト画像

ネイリストの就職先は、ネイルサロンが圧倒的に多いです。例え、あなたが資格を取り立てで、右も左もわからない状況でサロンに就職したとしても、仕事をこなしていく内に、お客様に対する接客ノウハウや、ネイルアートのテクニックも徐々に身に付いていくと思います。

 

あまり大きな声では言えませんが、サロンへの就職は、お給料を貰いながら、ネイリストとしての勉強もできる恵まれた環境だと言えます。

 

中には、サロンで活躍するうちに様々な方面から実力を認められ、ネイルスクール講師への道が開けるケースもあります。

 

また最近では、ネイルサロンを併設した美容室やエステサロンも増えてきました。サロンでは、施術に加えてネイルケアやネイルアートを行います。

 

さらに、結婚式場が就職先となる場合もあります。式の当日に、美容師さん達と連携して、美しい花嫁さんを演出するメンバーの一員となるのです。

 

どこへ就職をしたとしても、お客様に対する接客ノウハウやネイルアートのスキル向上に結びつき、ネイリストとしてのキャリアを積むことはできると思います。

 

フリーや自宅開業の道

ネイルツール画像

では、“雇用されない”道、「フリー」や「自宅開業」は、どうでしょうか。細々と趣味の延長でやっていくのであれば大きな問題はありませんが、それなりの規模のサロンを経営していくのであれば、幅広い人脈・スキル・実績などがない限り、いきなり挑戦するのは少しハードルが高いと思われます。

 

資格を取得したばかりで、ネイリストとしての経験が浅ければ、ネイルスキルなどたかが知れていますし、そんなに簡単にお客様も付いてきてはくれません。

 

フリーを目指す場合、まずは、コンペなどに参加し、そこで入賞する等して実績を残し、社会的にも自分の実力を証明する必要があります。

 

今では有名なネイリストさん達も、最初は無名からスタートし、下積み時代を経て、コツコツと基本とキャリアを積み重ねてきたことを忘れてはなりません。

 

自宅開業の場合も、実力と人脈がものを言う世界であることに変わりはありません。最初は、仲の良いお友達などが施術にきてくれるかもしれませんが、実力が伴わなければ、いずれお客様は離れてしまうでしょう。

 

まずは、サロン勤務がおすすめ

ネイルアート画像

これは私の個人的な意見ですが、“いずれは独立”を希望しているのであれば、まずは、サロン勤務からキャリアをスタートさせることをおすすめします。

 

サロンには、ネイルアートの技術だけでなく、お客様に対する接客、集客ノウハウ等、現場で先輩達に教わることは山のようにあります。

 

ネイリストとしての出発点は、まずはサロンワークで実戦を積み、スキルと開業ノウハウを吸収すること。遠回りのようで、これが実は1番の近道だと思います。

 

サロン勤務の条件とは?

ネイルリスト画像

現在、ネイルサロンでは、「JNECネイル検定2級以上」、もしくは「I-NAIL-A ネイリスト技能検定AA級以上」、これに加えて、昨今定番化した「JNAジェルネイル技能検定 上級」保有者を採用条件としてあげているケースが非常に目立ちます。

 

中には、無資格でも採用してくれるサロンもありますが、資格があれば仕事や職場を選択する幅も広がりますし、最初は良くても、いずれ必ず検定が必要になる時は来ると思います。

 

全くの初心者が、いきなり全ての検定に合格するのは少し難しく感じるかもしれませんが、上記にあげた検定は、半年〜1年くらいのスパンで考えれば、充分に合格可能なレベルです。

 

検定を受験するにあたり、スクールに通学するか、通信講座を選択するか、独学の道を選ぶのか。

 

それぞれ事情や状況も異なると思いますので、一概に「この方法じゃなければダメ!」とは言えませんが、やはりしっかりとした基本を身につけるのであれば、断然スクールに通うことをおすすめします。

 

講師は一流のネイリストなので、プロの技を間近で見て、直接指導を受ける経験は大変勉強になります。

 

また、分からない事や苦手な部分があっても、すぐに講師に相談でき解決できること、一緒に学ぶ仲間達と切磋琢磨しながら技術を磨いていける環境も、通学ならではのメリットだと言えます。

 

ネイルスクールを選ぶ際は、主要な所に絞っても、通学・通信を含めて全国150校以上あります。価格や知名度だけでなく、クラスの雰囲気や担当講師等を事前に下調べをしておくと、失敗するリスクも少ないと思います。

 

スクールを選ぶなら、どこが良い?

ネイルスクールラボ

「ネイルスクールラボ」は、ネイルに特化した通信&通学スクールの専門サイトです。全国のスクールを一覧比較&無料で資料を一括請求することができます。サロン勤務を考えているなら、専任コンサルタントが就職先を斡旋してくれる学校を選ぶと、エスカレータ式で就職することも可能です。まずは資料を請求し、自分に合ったスクールをピックアップ、その後直接スクールに問い合わせて、授業風景などを見学してみると、外れを引くリスクも回避できると思います。

 

詳細ページはこちら