ネイリストの具体的な仕事内容とは?

ピンクネイル画像

「女性に生まれたからには、女性である事を楽しみたい」

 

「いつまでも綺麗な自分でいたい」

 

と願う女性たちの美のサポートをすることが、ネイリスト本来の役割だと思います。

 

そんな女性の願望を叶えるネイリストの仕事に憧れて、専門的な技術を学びたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

ネイルを施すことによって、直接お客様から感謝の言葉をいただいたり、満足の言葉をいただいたり…相手の喜びを共に共感できる瞬間こそが、ネイリストの仕事の1番のやりがいとも言えます。

 

一般的に、爪にマニキュアを施すだけの仕事と思われがちなネイリストですが、仕事内容はそれだけではありません。

 

では、ネイリストの具体的な仕事内容とは、一体どのようなものなのでしょうか。詳しく解説していきたいと思います。

 

メンテナンスは美の基本

ネイル画像

まず、ネイリストの仕事の基本として挙げられるのが、お客様の指先を美しく飾るために、お客様の爪の状態をチェックし、最適なケアを施すことです。

 

そのため、基本のハンドケアは欠かせません。美しい指先を作るスペシャリストとして、それぞれのお客様に合った毎日のお手入れ方法を提案したりします。

 

ネイルを施す前には、マッサージやその他爪の状態を整えるためのケアを施し、毎日のメンテナンスが欠かせない指先ケアにおいては、お客様の爪の状態をよく観察することが非常に重要になってきます。

 

技術的なスキルももちろん大切ですが、それぞれの状況に合わせて、どんなケア方法があるのか提案するためには、専門的な知識をも必要になりますし、それが無ければ最適な提案も出来ないでしょう。

 

お客様の「なりたい」イメージを作り出す

ネイルサロン画像

お金を支払いネイルをしてもらう女性には、自分なりのこだわり、好み、趣味嗜好があるものです。

 

具体的にどんなネイルにして欲しいのか、はっきりと自分の要望を伝えてくるお客様もいますし、ぼんやりとしたイメージのみを抱き、ネイリストの提案を参考にサロンに来てから抽象的なイメージから具現化していくお客様もいます。

 

「いつも綺麗な自分でいたい」「頑張っている自分へのご褒美」としてネイルサロンを訪れる人もいれば、結婚式や記念日といった人生の中でも特別なイベント前に、ネイルサロンを訪れる人もいるでしょう。

 

どんなお客様にせよ、「このネイリストさんにお願いして本当に良かった。」と満足して貰うためには、高い技術を有しているのはもちろんですが、それ以上に、どれだけお客様の「なりたい」イメージをヒアリングによって引き出し、ネイルという具体的な「形」として作り出せるか、というのが重要な鍵となります。

 

お客様がネイルを施した自分の指先を見て、優雅な気持ちになったり、女性である事を喜べる、そんな手助けを担うのがネイリストのお仕事です。

 

プロフェッショナルなネイリストを目指すのであれば、自分本位で物事を考えるのではなく、お客様に本当の満足を提供するためにどうすれば良いのか?という事を常に考え、決しておごらず、日々研鑽を積んでいくことが大切だと言えるでしょう。

 

他にこんな記事も読まれています

矢印ネイリストになるなら資格は必須?
矢印最短でネイルの資格を取得する方法とは?
矢印ネイリストの収入はどれくらい?