ネイルスペシャリスト技能検定試験とは?

ネイルスペシャリスト技能検定キャプチャ

 

「ネイルスペシャリスト技能検定試験」は、NPO法人 インターナショナルネイルアソシエーション(I-NAIL-A)が実施する検定試験です。

 

受験対象は、A級・SA級は学生および初心者、PA/AA/AAA級は、プロのネイリストとなっており、どちらも学科・実技両方の試験に合格することで認定されます。

 

合格率は、A級で80%台、PA/AA/AAA級は10%台となっており、合格率の違いからも分かるように、上級資格は難関である分、取得すれば業界内外問わず、自分の実力を証明することに役立ちます。

 

ネイルスペシャリスト技能検定試験公式サイト

 

試験内容の詳細

合格ライン

実技試験

【PA/AA/AAA級】実技試験で、60点以上でPA級、70点以上でAA級、80点以上でAAA級が合格となります。

 

【SA級】実技試験で、80点以上で合格です。

 

【A級】実技試験で、80点以上で合格です。

 

筆記試験

A級、SA級、PA/AA/AAA級ともに出題50問中40問以上を正解すれば合格です。

 

免除制度について

実技/学科試験のどちらか一方が合格だった場合は、期間・回数の制限なく、試験の免除を受けることができます。

 

A・SA・AAA・AA・PA級の共通課題

事前審査 40分

・セッティング(10分)
・ネイルケア(30分)

 

◇日程:2014年度では、5月・11月(すべての級)・8月(A級・SA級のみ)。

 

◇場所:東京・札幌・大阪・名古屋・福岡。都市によって日程が異なります。

 

◇受験資格:すべての級ともに、義務教育の修了者。※A級、SA級の認定を受けていなくても、PA/AA/AAA級の受験が可能です。

 

◇学科試験:すべての級ともに、合格基準は、出題50問中、正解が40問以上。出題内容は、ネイル概論、ネイルの衛生学、人体の仕組み、ネイルとその以上、マニキュアリストの化学、他。※参考テキスト:「ネイル・プロフェッショナル」「例題集」、他。

 

◇実技試験:60点以上でPA級、70点以上でAA級、80点以上でAAA級に認定されます。

 

A級では、この後にカラーリング(25分)があります。

 

・SA級では、アーティフィシャルネイル(チップオーバーレイ/右手、20分)、カラーリング(両手 パールホワイト/25分)があります。

 

・PA/AA/AAA級では、アーティフィシャルネイル前半(20分)・後半(15分)、カラーリング/左手マット赤、右手パールホワイト、15分)となっています。

 

受験料:A級10000円(免除科目があり、実技試験、学科試験のいずれかを受験する場合、7000円)。SA級12000円(同上、9000円)、PA/AA/AAA級15000円(同上、12000円)。※実技/学科試験のうち合格したものは、期間・回数の制限なく、試験の免除を受けることができます。