ネイリストのスクール費用はどれくらい?

薔薇の花写真

ネイリストになるためのスクールは、ネイルスクール、理・美容関連のスクールなどがあります。このうち、通学制のスクールでは、2大業界団体である日本ネイリスト協会(JNA)とI-NAIL-A(インターナショナルネイルアソシエーション)の認定スクールが中心となっています。

 

JNA系列のスクール

受講料では、どうでしょうか。例えばJNA系列の「NSJネイルアカデミー」の『プロフェッショナルベーシックコース』の受講料は、58万3200円(教材費の33,000円を含む)となっています。

 

学習内容は、ネイリスト技能検定2級への合格に対応するコースで、講習は1日4時間×50回=計200時間となり、8カ月の在籍が認められています。

 

同じ系列の「黒崎えり子ネイルビューティカレッジ」の『プロフェッショナルコース』は、入門からネイリスト検定1級合格が保障されるコースで、受講期間で、90回(360時間)。受講料は98万円となっています。※教材セットは別途6万円前後。有効期限は2年6カ月。

 

I-NAIL-A系列のスクール

I-NAIL-A系列の「安气子ネイルアートアカデミー」では、『プロフェッショナルコース』の全カリキュラムを受講することによって、I-NAIL-Aジェルネイル検定3級の実技試験が免除されます。授業回数は149回、授業時間は289時間。受講料:79万800円(教材費と検定受験料込み)。

 

同じくI-NAIL-A系列の「学校法人 東京観光専門学校」の『ブライダルビジネス学科・ブライダルヘアメイク専攻』は、結婚式場の花嫁さんのネイルを美しく演出するネイリストを育成する、という主旨です。

 

ネイルスペシャリスト技能検定A級の資格取得を目指します。※先述の「安气子ネイルアートアカデミー」と同様に、実技試験免除があります。授業は、ネイルアートのテクニックだけではなく、一般常識・ビジネスマナーも含まれます。

 

就学期間は2年。授業料は、1年次:136万5000円、2年次:141万4000円となっています。

 

「JNA」と「I-NAIL-A」、どちらが良い?

ネイルカラーナンバー写真

「JNA」と「I-NAIL-A」、どちらの検定を受けようか迷ってしまった場合は、知名度も高く歴史も長いJNAが主催する「JNECネイリスト技能検定」と「JNAジェルネイル技能検定」がおすすめです。

 

「JNECネイリスト技能検定2級・3級」「JNAジェルネイル技能検定初級・中級」レベルであれば、通信講座のみで合格を目指すことも可能ですが、1級や上級試験目指すのであれば、スクールに通わないと合格は不可能だと思います。

 

ちなみにサロンの募集要項を見てみると、JNECなら2級、JNAなら初級が採用条件となっているのが一般的です。

 

スクールと通信講座、どちらがよい?

だったら、「通信講座でも良いかな?」と思われる方もいるかもしれませんが、ネイル検定では正しい知識と技術が求められます。知識の部分は教材で対応することも出来ますが、技術に関しては、文面のみで習得をするのは正直難しいと思います。

 

例えば、ヤスリ。テキストには「撫でるように」と書かれていても、どの程度の加減で行えば良いか分からなかったり…正しい角度で行えているのかも分かりません。サロンで勤務する際も、ある程度技術が備わっていないと、自分だけ取り残されているような、シンドい思いをすると思います…。

 

スクールに通うと分かりますが、独学や通信で検定に挑戦して、何度も落ちて断念…結局スクールに通っているという人も沢山います。

 

サロン勤務を希望する方や、しっかりと技術を身に付けたいという方は、多少お金が掛かってもスクールに通うことをおすすめします。

 

スクールはどこがおすすめ?

ブラッシュアップ学びキャプチャ

全国には著名なスクールだけでも200校以上あり、それぞれ学習内容、講師、料金等が異なります。「ネイルスクールラボ」を活用すれば、一括比較、まとめて資料請求ができて便利です。前述したようにネイルスクールの費用は決して安いとは言えません。申し込んだ後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔することがないように、事前に気になるスクールをピックアップ、実際に受講風景を見学し、よく納得したうえで決めることをおすすめします。

 

詳細ページはこちら