ネイリストの収入はどれくらい?

ネイルイラスト

ネイリストのお給料は、正社員では、どのくらいでしょうか?これからネイリストを目指す人にとっては気になる部分だと思います。

 

求人サイトを見てみると、新人さん(未経験・ネイリスト検定2級)のお給料は、1カ月18万円〜20万円程度となっています。地方都市へ行くと、16万円というサロンもありましたが、平均すると、約20万弱といったラインがネイリストの初任給だと考えて良いでしょう。

 

苦労して取得した資格も、サロンワーク就業への入口でしかありません。月々20万円のお給料から社会保険・厚生年金などを差し引くと、1人暮らしをするには決して楽な数字ではありません。

 

はじめは誰でも新人です。“18万円”は、ネイリストとして世に出たばかりの人の、最低限のお給料です。

 

サロンにしても、雇い入れたネイリストが、1人前に成長し、売り上げに貢献してくれるかは未知数、というのも初任給が低い理由の1つだと思います。

 

これはネイル業界に限らず、社会一般的な通説だとも言えるでしょう。

 

頑張り次第で給料UPも見込める!

給料アップイラスト

新人のうちは自分の満足いく給料も貰えないかもしれませんが…サロンでの活躍の度合いによって、お給料アップが見込まれるのは、当然のことだと思います。

 

ネイリストに最も必要とされているのは、ネイルアートの技術はもちろんのこと、衛生・安全面の知識と規定の遵守、さらにお客さんに対する接遇といったコミュニケーション能力です。この3拍子がバランスよく揃って、はじめて1人前のネイリストとして成長したと言えるのです。

 

大げさな言い方をするなら、“低収入”が「新人時代だけで終わり、徐々に納得のいく額に増えていくか、あるいは何年勤務しても、それほどアップしないか」は、個人の力にかかっています。

 

ネイリストとして力をつけ、お客さんの指名を数多く受け、サロンとしても手放したくない存在となれば、お給料が増加するのは、ごく自然な流れです。

 

ちなみに、ベテランネイリストのお給料は、検定1級以上の有資格・経験者で30万円前後となっています。世の中の平均給与額と比較してみても、大卒の一般企業勤務者と同等、もしくはやや低めといった所です。

 

サロンは、“腕を磨き、コミュニケーション能力を学ぶ絶好の場”と捉え、ネイリストとしての実力に自信をつけたら、それに見合った収入を目指して、独立するネイリストも少なくありません。

 

資格は年収UPに繋がる?

ネイリストのアドバイス

ネイリストになるうえで、日本の法律上、資格が必ずしも必要という訳ではありません。資格が無くても、サロンで働くことも出来ますし、独立開業することだってできます。

 

しかし、これはあくまで「法律上」という話。トップネイリストやサロン経営者として活躍する方のほとんどは、「JNECネイリスト技能検定1級」「ネイルスペシャリスト技能検定AAA級」といった上級クラスの資格を保有しているのが一般的です。

 

上記にあげた2つの資格は、合格率10〜30%以下。一部の狭き門をくぐり抜けたプロフェッショナルのみが手に入れる事ができる難関資格です。

 

ハードルが高い分、合格すれば、トップレベルのネイル技術を業界内外問わず、証明することができます。

検定の本来の目的

そもそも検定というのは、自分の技術を磨いたり、客観的に自分のスキルを証明するための1つの基準でしかありません。

 

資格を得ることで、確実に給料UPに繋がるかと問われれば、はっきり「YES」とは言えませんが、その努力は必ず実を結び、自分のステージが上がることで、結果的に収入にも跳ね返ってくるものだと思います。

 

国内で最も受験者数が多く、知名度も高い「JNEC」が認定するネイリスト技能検定は、3級・2級・1級の3段階で構成されており、1級が最上級です。2級の受験資格は3級合格、1級の受験資格は2級合格となります。

 

初心者やこれからネイリストを目指す方は、まずは「JNECネイリスト技能検定3級」合格を目標にトライしてみてはいかがでしょうか。

 

効率良く検定合格を目指すには?

ネイルスクールラボ

「ネイルスクールラボ」は、通信&通学講座の専門サイトです。全国のスクールを一括比較&気になるスクールの資料をまとめて請求することができます。効率良く合格を目指すのであれば、スクールに通い、直接講師の指導を受けるのが1番です。検定では、いくらネイルの技術が優れていても、解答を無視したやり方で施術をしてしまうと、減点対象となってしまいます。専門のスクールに通い、しっかり対策をたてたうえで受験することをおすすめします。

 

詳細ページはこちら