ネイル資格が人気の理由とは?

サロン求人の応募条件

ネイルイラスト

すみずみまでネイルケアの行き届いた美しい爪に施されたネイルアートは、1990年代以降、オシャレな女性たちの必須アイテムとなっています。プロの施術を受けるだけでは飽きたらず、市販のジェルネイル・キットを使い、趣味として自らセルフネイルを楽しむ人は少なくありません。

 

そんな人たちの間に、ネイリストの講座を受け、検定試験を受け、資格を取得してプロを目指す人が増えています。

 

ネイリストへのスタートラインは、サロン勤務が一般的ですが、サロン求人の応募条件が、「ネイリスト技能検定2級以上」となっており、資格を取得するためには、専門教育を受け、検定試験に合格する必要があるのです。

 

絵心があり、かつ、手先が器用な人にとって、ジェルネイルをはじめとしたアーティフィシャルネイルは、爪先に輝く1つのアートとも言えるもの。

 

資格を取得してサロンに就職し、腕を磨いて実力を評価され、やがて独立して自分のサロンを持つ…。夢の実現を思い描く人々がいるのです。

 

プロのネイリストとして1人前になることは、企業の一員として、日々、淡々と与えられた業務をこなすよりも、ずっと手ごたえのある魅力的な仕事に映るかもしれません。

 

趣味としてネイルの技術を磨く

ネイルイラスト2

その一方、あくまで趣味としてネイルケアやネイルアートを楽しむために、不安を要素なくしたい、として、資格を取得する人々もいます。理由は、「ずっとセルフネイルを楽しんできたし、趣味が高じてお友だちにも施術してあげて喜ばれてきたけれど、衛生や爪の生理についての正しい知識を持たなくては」というものです。

 

化学塗料などの製品を用いるネイルアートは、これまで、未熟な施術や衛生環境の悪さによって、感染症や爪の損傷などのトラブルが何度も引き起こされていることは、周知の事実です。

 

“安全”な施術のために、もちろん、学ぶことによって、セルフネイルの技術をさらに磨くためにも、学びをを深めて講座を受講し、資格を取得する、そんな人々も、数多くネイリストの資格取得講座を受講しているのです。

 

他にこんな記事も読まれています

矢印最短でネイルの資格を取得する方法とは?
矢印どうすればネイリストになれるの?
矢印JNECネイリスト技能検定とは?