ネイリストが働く職場って一体どんなところ?

ネイルサロン画像

長く働く事ができるかどうかは、ある程度その職場環境に掛かっているのではないでしょうか。実はネイリストが働く事ができる職場というのは、それぞれの段階がまるでキャリアアップに直結しているかの様です。

 

もちろん、生活環境などの理由でその職場に留まらなければならない事もあるかとは思いますが、ネイリストとして本当に働きたいスタイルで働ければ一番よいのではないでしょうか。

 

ネイルサロンで働く

ネイリストの就職先として、一般的なのがきっとネイルサロンでしょう。チェーン店を持つ有名サロンから個人経営店舗まで規模の差はありますが、ネイリストとして確実にキャリアを積める環境と言えるでしょう。

 

また時々、未経験からの求人募集もあるので、働きながらネイルについて学びたい人には格好の職場なのではないでしょうか。

 

エステサロンや美容室で働く

ヘアカットやエステをしたついでに、ネイルも綺麗にしてしまおうというお客様も多く、最近ではそれらの店舗でのネイリストの需要がある様です。

 

特に、ブライダル専門のエステでは最近ネイルがマストのサービスとなっていると言っても良い程です。

 

ですから、華やかな雰囲気の職場で働きたいという方にとってぴったりの職場と言えます。

 

ネイルスクールなどで講師として働く

経験豊かなネイリストになり、それなりに実績も兼ね備えていくと、その経験をネイリストに憧れる人達に伝える立場「講師」としての道が開かれるケースがあります。

 

ネイリストの技術に加えて、それを上手に分かりやすく教える技術も必要になってきます。

 

自分で店舗経営し、独立して働く

ネイルサロン画像2

自分のネイルサロンを開く事は、ネイリストなら誰でも最終的な大きな夢なのではないでしょうか。自宅で開業する、もしくは、お店を構えるとなるとネイリストとしての技術力以上に経営の知識も必要となります。

 

さまざまな職場で活躍する事ができるネイリストですが、自分のライフスタイルに合った職場から、そこからキャリアアップし独立やサロン開業といった働き方まで、大きな夢のある職業だと言えます。

 

ネイルサロンで働くために資格は必要?

ネイル講座画像

人気のネイリストですが、サロンで働くために、資格は本当に必要なのでしょうか?

 

一般的に、サロンで働いているネイリストの多くは、「JNECネイリスト技能検定2級以上」(または「I-NAIL-Aネイルスペシャリスト技能検定PA級以上」)と「JNAジェルネイル技能検定中級以上」をW取得しているのが一般的です。

 

知名度の高い「JNEC」(または「I-NAIL-A」)に加えて、今や定番となりつつある「ジェルネイル」の資格、この2つは非常に良い組み合わせだと言えるでしょう。

 

最近では、求人募集でも「有資格者優遇」といった言葉が多く見られるようになり、一定技術の基礎レベルを満たしたネイリストを募集するサロンが増えています。

 

ですので、これからネイリストとしてスタートするのであれば、最低限「JNECネイリスト技能検定3級」「JNAジェルネイル技能検定初級」(どちらも初心者向け)は、事前に取得した状態が好ましいです。

 

自分がどんなに働きたいサロンがあっても、資格を持っていなかったが故に、そこで働く事を諦めてしまうのは非常にもったいない話です。

 

前述した2つの資格は、初心者がネイルの基礎知識を学ぶためには非常に適した検定ですし、正しい方法で勉強を行えば、どなたでも合格する事ができます。

 

スクール(通信・通学)を活用することによって、最短1〜2ヶ月程度で、2つの資格をW取得できる講座もありますので、サロンへ就職を希望する方は、一度検討してみると良いでしょう。

 

スクール選びのポイントは?

ブラッシュアップ学びキャプチャ

効率よく検定合格を目指すのであれば、スクール選びは大切です。合格保証・就職サポートは付いているか?通いやすい立地か?価格は適切か?学習期間はどれくらい?講師は一流か?などなど…比較ポイントはたくさんあります。「ネイルスクールラボ」を活用すれば、全国400校以上ある講座(通学/通信)を一目で比較、気になるスクール資料を一括請求することができます。簡単に自分に合ったスクールを見つけることができるので大変便利です♪

 

詳細ページはこちら