ネイルの資格を取得するメリット

ネイル画像

短めの指にコンプレックスを持っている女性でも、ネイルアートを施すことで、すっきりとした細長い指に見えるし、ネイルに描かれる絵柄も可愛くて本当にオシャレです。

 

ここ10年の間に、女性たちのオシャレなアイテムの1つとして、すっかりお馴染みとなったネイルアート。同時に、ネイリストという職業に対する社会認知度も、一気に高まりました。

 

しかしながら、その認知度は、全てがプラスに作用した訳ではありません。消費者センターからの報告に見られるように、危険なトラブル例が数多くあることも紛れもない事実なのです。

 

ジェルネイルにおけるトラブル例

トラブル画像

昨今、人気を集めネイルアートにジェルネイルがありますが、施術上のミスから、お客さんの爪に損傷や火傷を招いたり、不十分な消毒から感染症が引き起こされるなど、メディアによって、トラブルが大きくクローズアップされたこともありました。

 

トラブルの原因がネイリストの無知や不勉強によるミスだとしたら、それはプロの仕事とは言えません。ネイルサロンの立場から見ても、そんなネイリストを抱えたが最後、サロンの評判は落ち、お客さんが離れていくのは明らかです。

 

ネイルアートは、パーマ、ヘアダイなどと同じく、化学製品を使う人工的な美容法です。多少のリスクはつきものですが、ホームケアのキットも市販され、“安く”仕上げることも可能です。

 

それでも、正確な知識と安全なる施術を求めて、施術のプロである資格取得者の手に委ねたいと思うのは、消費者としても、ネイリストを雇う側のサロンにも共通して言えることです。

 

資格を活かす

「ネイル白書2012-2013」によると、ネイルサロンの開業は、ピーク時の2008年頃と比較すると、伸びが鈍化しているとはいえ、微増が続いています。

 

資格取得は、プロとしての信頼の証になります。求人情報を覗いてみても、多くのサロンで採用条件として、一定基準のスキルを証明する証として、資格を基準に掲げています。ネイリストを志望するなら、まずは資格を取得し、就職する際のメリットに活かすのがおすすめです。

 

また検定試験を通して身に付けたスキルは、例えサロンで働かなくても、一生ものの技術として使えます。セルフネイルだけではなく、友人、家族のネイルを施して喜んで貰えたら、それは非常に意味のある嬉しいメリットだと言えるでしょう。

 

最短で資格を取得するには?

最短で検定合格を目指すなら、何といってもスクール受講が1番です。検定試験は年4回(上級資格は年2回のみ)実施されています。

 

スクールの「検定対策講座」と試験のタイミングが上手く合えば、早い人で1〜2ヶ月程度で合格する人もいます。標準的な人でも、3ヶ月も真面目に勉強すれば、初級資格の合格は可能なのではないでしょうか。

 

資格の種類とレベル

JNECネイリスト技能検定

JNEC画像

ネイリストに、国家資格はありませんから、全て民間資格になります。

 

その中でも歴史が古く、最も知名度が高い資格が、公益財団法人・日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)が発行する「JNECネイリスト技能検定」になります。どの資格を取得しようか迷ったら、真っ先に候補に入れるべき資格だと言えます。

 

JNECは、3級・2級・1級の3段階に分かれており、3級は初心者や学生を対象としており、合格までの標準学習期間も3ヶ月程度と最も易しいレベルになります。

 

2級はサロンワークに必要な知識とスキルを求められ、合格までの標準期間は約1年前後になります。通常サロンの募集では2級以上を採用条件としているケースが多く、ネイルを仕事にしたいと考えている人にとっては必須の資格だと言えます。

 

そして、最上級資格である1級は、プロレベル、トップネイリストレベルのスキルを求められ、こちらは一筋縄ではいきません。合格までの標準期間は約3年程度となっており、独学や通信講座では、合格は難しいと思います。

 

これから資格の取得を検討する方は、まずは3級と2級の合格を目指して、勉強をスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

JNAジェルネイル技能検定

JNA画像

昨今のネイル事情を見ていると、ジェルネイルは既に定番化していると言ってよいでしょう。ですから、前述した「JNEC」の資格と併せて取得したいのが、NPO法人日本ネイリスト協会が認定する「JNAジェルネイル技能検定」です。

 

初級・中級・上級に分かれており、飛び級制度はありませんので、初級に合格したら中級、中級に合格したら上級試験を受けることができます。

 

スクールや通信講座には、「JNEC」「JNA」のW合格向けのカリキュラムが組まれた講座もたくさんあります。どちらも取得しておきたい資格だと言えるでしょう。

 

講座を受講するならどこが良い?

ブラッシュアップ学びキャプチャ

資格取得を目指すなら、スクール(通学/通信)選びは、とても重要です。稀に独学で勉強を始める方もいますが、効率や合格率を考えたら、圧倒的に講座を受講することをおすすめします。比較する際は、金額だけでなく、講座の内容、学習ペース、講師プロフィール等から総合的に判断して、自分に合った講座を選ぶことがポイントです。「ネイルスクールラボ」を活用すると、一目で比較&複数講座の資料をまとめて請求できるのでとても便利です♪

 

詳細ページはこちら