ネイリストになりたい!でもどんなネイリストの資格があるの?

ゴールドネイル

憧れのネイリストになりたいけれど、どうすれば確実に夢への一歩が踏み出せるのか分からないという方は、ネイリストになる最適な方法を探しているのではないでしょうか。

 

実際に、ネイルサロンで働いているネイリストたちを見てみると、ほとんどの方が資格を取得して働いています。

 

では、ネイリストになるための資格とは一体どの様なものがあるのでしょうか。

 

JNEC・JNA・INA

ネイリストになろうと思っている方の多くが耳にするであろう、知名度が高い団体は、「JNEC」「JNA」「INA」の3つに絞られます。

 

「JNEC」とは、公益財団法人 日本ネイリスト検定試験センターの事で、「JNA」とは、NPO法人日本ネイリスト協会の事で、「INA」とは、NPO法人インターナショナルネイルアソシエーションの略称です。

 

このいずれか3つの協会から付与される資格が、現在ネイリストとして活躍されている多くの方が取得しているものになります。

 

JNECの資格とは?

黒白ネイル

1級・2級・3級の3段階に分かれており、1級はプロフェッショナル、2級は中級者、3級は初心者が対象となります。一般的によく知られた検定試験であり、業界で最も知名度が高い資格といえます。

 

試験構成としては、学科試験と実技試験があり、学科試験を合格すると、次回受験の際には学科試験のみ免除されます。

 

1級は年2回、2級・3級に関しては、年4回の試験を受ける事ができます。

 

JNAの資格とは?

技能検定試験によって資格を得る事ができますが、JNAではトップレベルの1級から始まり、3級の基礎的知識所有という資格を得る事ができます。

 

大まかな試験構成としては、実技試験と技能試験によって行われますが、もしも筆記試験にのみ合格した場合は、次回試験では技能のみの受験が可能となります。

 

1級は年2回、2級・3級に関しては、年4回の試験を受ける事ができます。

 

INAの資格とは?

ジェルネイル画像

初級・中級・上級と3段階に分かれていますが、受験資格としては初級がネイルスクール生もしくは美容専門学生、中級・上級については既にネイリストとして働いている方が対象となります。

 

中級・上級の中でも取得点数によってPA,AA,AAA級とその評価は細かく3段階に分かれます。

 

試験構成としては、学科試験と実技試験があり、JNA同様に学科もしくは実技のどちらかを合格すると、次回受験の際には合格試験のみ免除されます。

 

ちなみに、初級の検定試験は年2回ありますが、1年につき1回だけしか受験できません。中級と上級については、年2回のうちどちらとも受験する事ができます。

 

最短で資格を取得するためには?

ネイル勉強画像

資格を取得するには、@スクール(通学講座)を受講するA通信講座を受講するB独学で勉強する、以上3つの方法があります。効率良く最短で合格する方法は、@スクールA通信講座B独学の順番になります。

 

スクールのメリットは、専門のプロ講師が手取り足取り教えてくれるので、分からない事をその場で質問したり、細かい部分まで丁寧に学べることが大きな魅力♪

 

家庭環境や金銭的な事情でスクールの受講が難しい方、または、趣味の範囲内でマイペースに学びたい!という方は、合格実績の豊富な評判の良い通信講座を受講することをおすすめします。長年培った合格ノウハウが詰まった教材を活用することで、回り道をせずに、効率良く学習を進めることができます。

 

独学でも合格可能?

「独学でも合格可能ですか?」という質問を数多くいただきますが、「不可能ではないですが、大変です…」というのが率直な感想です。

 

ネイルの試験は、ただ技術的にこなせば良いというものではなく、テーブルセッティングや消毒管理から始まり、施工手順まで細かく審査されます。

 

このような細かい部分まで、独学で全て対応するのは大変ですし、合格者の統計をみても、独学合格者の割合は非常に少ないのが実情です。

 

何かしら大きな事情が無い限り、スクール(通学講座)、もしくは通信講座を受講することをおすすめしています。

 

合格実績が豊富なスクールはどこ?

ブラッシュアップ学びキャプチャ

「ネイルスクールラボ」は、ネイルに特化した通信・通学講座の専門サイトです。主要な所に絞っても全国に200近いネイルスクールがある中、それらを1つずつ調べて比較するのは手間が掛かりすぎて大変です。「ネイルスクールラボ」を活用することで、一目で比較、一度に複数のスクール資料を請求できるので大変便利です♪失敗しないためには、直感で5〜10程度のスクールをピックアップ、資料請求後に、じっくりと自分に合ったスクールを選ぶのがポイントです。

 

詳細ページはこちら