ジェルネイルの資格取得は必須なの?

今やネイルと言えば、ジェルネイルというほどネイルの主流となったジェルネイルですが、ネイリストとして活躍したいのであれば、ジェルネイルの施術は絶対に避けては通れません。

 

通常のマニキュアとは全く異なる点が多々あるジェルネイル、ネイリストになるならジェルネイルの資格取得は必ず必須になってくるのでしょうか?

 

正しい知識を身につける

ジェルネイルは、一度施術すると約3週間ほど長持ちし地爪への負担も少なく、水仕事が多い主婦でも美しいネイルを楽しむ事が出来るという理由から大人気となっていますが、ジェルネイルをする上で必ず資格が必要かと言うと、実は特に必要とはされていません。

 

国家資格ではないジェルネイルを含むネイルの資格は、資格がなくても状況やタイミングが良ければ仕事を行なう事は出来ます。

 

しかしながら、ジェルネイルは正しい知識に基づいて適正に施さなければ、火傷などの怪我を負ってしまう結果になるかも知れません。また、リムーバーで簡単にオフできる普通のマニキュアとは違うジェルネイルのオフ方法もきちんと知っておく必要があるでしょう。

 

もしもプロのネイリストを目指すのであれば…

もしも、将来はプロのネイリストになって自分のお店を持ちたいなどの夢を持っているのであれば、ジェルネイルの資格取得は必須であると考えるべきでしょう。

 

趣味で自分の爪にジェルネイルをする場合なら資格は必要ありませんが、他の人それもお金を払ってサービスを受けようと来店されるお客様にジェルネイルを施すのであれば、いくら腕が良いとはいえ資格がなければ信頼性に欠けてしまう事になりかねません。

 

ジェルネイルの資格は主に、JNA(日本ネイル協会)ジェルネイル技能検定とI-NAIL-A (インターナショナル・ネイル・アソシエーション)ジェルネイル技能検定になりますが、プロフェッショナルなネイリストと認定されたいのであれば、やはりジェルネイルの資格を取得してみるのが良いと言えるでしょう。