I-NAIL-Aジェルネイル検定試験とは?

ネイリストを目指しネイルサロンでの勤務を希望する方が是非とも目指したい資格取得ですが、最近では主流となっているジェルネイルの資格取得のためにジェルネイル検定試験を受験する方が増えてきている様です。

 

その一つであるI-NAIL-A(NPO法人 インターナショナル・ネイル・アソシエーション)のジェルネイル検定試験とは一体どの様なものなのでしょうか。

 

キャリアアップしたいという方にお勧め

ネイリストとして活躍するためには、ジェルネイルを施す技術が必ず必要となる現在のネイル業界ですが、I-NAIL-Aのジェルネイル検定試験では1級・2級・3級の資格取得が可能となります。

 

全国の主要都市で年6回開催されるこのジェルネイル検定試験ですが、初めて受験される方はまず3級取得を目指さなくてはなりません。

 

学科試験と実技試験とを無事合格して3級を取得できたなら、今度は2級という風に段階的に上の級を目指す受験となります。

 

しかしながら2級と1級においては学科試験はなく、実技試験のみを行い80点以上の取得で合格する事が出来ます。

 

気になる試験内容

まず3級の学科試験ですが、人体のしくみ・ネイルの衛生学・ネイル概論と技術・マニュキュアリストの化学の分野からマークシート方式で50問の出題がなされます。

 

その後実技試験となりますが、試験の流れとしては70分の試験時間の間に、事前に済ませたネイルケア・テーブルセッティング・プレパレーション・アプリケーション(右手:クリアコーティング、左手:カラーコーティング)となります。

 

2級の場合の試験の流れは、85分の間にテーブルセッティング・プレパレーション・アプリケーション(チップオーバーレイ2本、カラーコーティング10本)となり、1級の場合の試験の流れとしては、100分の間にテーブルセッティング・プレパレーション・アプリケーション(スカルプチュア2本、フレンチネイルのカラーコーティング10本)という試験内容となっています。