ネイリストの資格を取得するまでの流れ

ネイル写真

国家資格ではないとはいえ、ネイリストとして活躍するためには、資格取得はマストだと言えます。

 

ネイリストの求人応募条件を眺めてみても、JNEC(一般財団法人 日本ネイリスト検定試験センター)技能検定2級を所持している事が必須となるケースが非常に多いのが分かります。

 

それでは、ネイリストの資格を取得するまでの流れとはどの様なものなのでしょうか。

 

スクールに通う場合

ネイルキットの写真

本格的なネイリストとしてのスキルを身に付けたいのであれば、迷わずネイルスクールに通う方法をおすすめします。スキルと知識を兼ね備えたプロの講師が直接指導してくれるので、学び、成長のスピードも自ずと早くなります。

 

ネイルスクールには全日制と単位制があり、仕事や大学に通いながら通う事ができる単位制は、若い女性を中心に大変人気があります。

 

スクールといっても、自分のライフスタイルに合わせて受講スケジュールを自由に決める事できるので、忙しいキャリアウーマンや子育て中のママさんでも通えるのが大きなメリットになります。

 

また、スクールによっては、3級試験が免除となり、2級から合格を目指せるところもありますので、スクールを選ぶ際は、事前によく確認してから申し込むことをおすすめします。

 

ネイルの資格は1年に規定の回数しか受験ができません。国内で最も受験者数が多い「JNECネイリスト技能検定3級・2級」の場合、年4回(1月/4月/7月/10月)試験が開催されています。さらに1級に関しては、年に2回(4月/10月)のみの試験開催となっています。

 

それぞれの試験に合わせてスケージュールを組み、スクールで試験対策授業を受けて、万全の準備をしたうえで望みたい所です。

 

通信講座で学ぶ場合

通信講座の写真

主要なものに絞っても全国に200以上あるネイリスト通信講座のほとんどが、ネイルを基礎から学ぶことができ、JNECネイリスト検定2級・3級、もしくはJNAジェルネイル検定対策を網羅した内容となっています。

 

講座や本人のスキルによっても違いはありますが、受講開始から1ヶ月で受験をして合格する方もいらっしゃいます。

 

上記に挙げたケースは非常に稀なケースですので、最低でも検定2〜3ヶ月前から対策していくのが一般的な流れになります。

 

最近の通信講座のクオリティーは非常に高く、細かい部分に至るまで試験対策が施されており、実際に通信講座のみの学習で資格試験に合格し、その後ネイルサロンで活躍している人もいるほどです。

 

しかし、例外として、トップネイリストを対象とした「JNECネイリスト1級」ニ関しては、通信講座で全てをカバーするのが難しい内容となっています。1級を目指すのあれば、必ず通学制のスクールを受講するようにしましょう。

 

講座を受講するならどこが良い?

ブラッシュアップ学びキャプチャ

主要なものに絞っても、全国にはネイル講座が200以上存在します。それぞれ学習内容、講師の質、価格等が異なりますし、さらに国から補助金を支給して貰える講座、受講修了後に就職先を無料で斡旋してくれる講座までそれぞれです。講座受講を検討中の方は、事前に気になる講座を複数ピックアップ、よくよく下調べをしたうえで申し込みましょう。ネイルスクールラボを活用すると、簡単に比較&一括資料請求ができるのでとっても便利ですよ♪

 

詳細ページはこちら