最短でネイルの資格を取得する方法とは?

ネイル写真

ネイリストになるためには、日本の法律上、国家資格は必要ないとはいえ、憧れのネイリストとして働くためのスタートとして、ほとんどの方が資格を取得しているのが現状です。

 

昨今、サロンの募集要項では、資格所有者を条件として挙げているケースが大半を占めますし、資格を取得することで自分のスキルや知識を業界内外に証明するのに役立ちます。

 

このページを見ている方は、できるだけ早くネイリストとして活躍するために、最短で資格を取得したいと考えている方が多いと思いますが、一体どんな方法があるのか?ここでは詳しく解説していきます。

 

まずはJNEC3級からチャレンジ!

初心者の方は、まずは「ネイリスト技能検定3級」の資格取得から目指す事をおすすめします。

 

ネイリスト検定では、飛び級制度がありませんので、1級・2級といった上級資格を目指す場合も、まずは3級が最初のステップになります。

 

また「JNEC」(公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター)は、最も歴史が古い団体であり、知名度も非常に高いので、始めて検定に挑戦する方にはピッタリだと言えます。

 

3級と2級は年に4回試験が実施されているので、3ヶ月毎に資格取得のチャンスがあります。タイミングが合えば、勉強スタートから最短1ヶ月程度で合格する人もいるかもしれません。

 

1ヶ月というのは特異なケースですので、一般的なプランは、最短で資格取得を目指すのであれば、3ヶ月前から資格取得のための試験対策を行い、合格を目指すというものです。

 

ネイリスト技能検定3級は、合格率が85%と、他の級に比べて非常に高い合格率となっていますので、初心者が自信を付けたり、基礎知識を身に付けるという意味でも、この3級の資格を1つの目安として目指してみてはいかがでしょうか。

 

そこから、更にステップアップを目指すのではあれば、2級、1級といった上級資格を目指したり、昨今定番となりつつある「ジェルネイル検定」に挑戦してみるのも良いと思います。

 

最短で資格取得をするならネイルスクールを活用しよう!

ネイルサロン写真

3級が無事に取得できたのであれば、次に目指したいのは2級になります。特に仕事としてネイルに携わりたいと考えている方にとって、JNEC2級は必須といっても過言ではありません。

 

なぜなら、大抵の場合、ネイルサロンなどの就職先で、条件として求められるのが2級資格となります。

 

3級レベルであれば独学で対応することも決して無理とは言えませんが、2級レベルになると、独学で学ぶのが少々難しく、合格者の多くの方がスクール、もしくは通信講座を活用しているのが実態です。

 

3級同様に3ヶ月毎に受験のチャンスが巡ってきますので、効率よく勉強すれば半年ほどで、2級・3級のW合格は可能だと思います。

 

ネイルスクールによっては、試験対策のための特別レッスンを開催しているところもありますし、多くのスクールでW合格を前提としてカリキュラムも組まれています。

 

生活スタイルや予算の問題で、スクールに通うことが出来ない方でも、これらの短期カリキュラムや通信講座を賢く活用する事で、半年でW合格を目指す事は可能だと言えるでしょう。

 

ネイリスト検定1級を取得するにはどれくらいの期間が必要?

ネイリスト写真

補足になりますが、1級に関しては、プロフェッショナル向けの検定であり、独学や通信講座では、絶対にカバーできないレベルになります。1級を目指すのであれば、ネイルスクール1級の「合格対策コース」を必ず受講することをおすすめします。

 

よほどの天才的スキルや知識を持ち合わせた方であれば、もしかしたら独学と通信講座のみで合格することもあり得るでしょうが、普通に考えれば絶対に無理だと思います。

 

自分の時間と情熱の全てを注ぎ、スクールで真剣に学ぶことで、学習開始から1年ほどで3級から1級までの資格を全て取得する人も稀にいますが、それでもかなり優秀な方だと思います。

 

多くの人にとって、およそ1年半から約2年程度で全ての資格(1級〜3級)を取得するのが、一般的な合格期間だと言えるのではないでしょうか。

 

スクールを受講するならどこが良い?

ブラッシュアップ学びキャプチャ

スクールや通信講座を選ぶ際は、「ネイルスクールラボ」を利用することをおすすめします。全国200校以上の講座を簡単に比較することができるし、気になる資料をまとめて請求することもできます。特にスクール受講を検討中の方は、「通ってみたら、私のイメージとは違う…」といった事にならないように、資料請求後に、実際にスクールを訪問、自分の目で雰囲気や受講風景を見学したうえで申込むと良いでしょう。

 

 

詳細ページはこちら