JNAジェルネイル技能検定試験 初級の内容と難易度

「JNAジェルネイル技能検定試験 初級」は、義務教育を修了している人であれば、誰でも受験することが可能です。申し込みは、同協会のウェブサイトから、インターネット(PC、携帯)によってエントリーすることが義務づけられています。

 

試験は実技と筆記の両方

 

はじめに実技試験が行われ、第1課題(35分)の後、「インターバル」を挟み、第2課題(60分)が続きます。

 

第1課題では、手指の消毒に始まり、キューティクルクリーンに終わる基本的な実技が採点されます。その後、5分の「インターバル」を挟み、第1課題の片付けと第2課題の準備等もチェックされるかたち。

 

第2課題では、ポリッシュカラーリング、ジェルカラーリングを経て、ジェルカラーリングの赤に映えるジェルアート(ピーコック)を施す、というもテーマが与えられます。その後、筆記試験が行われ(30分)、衛生と消毒、爪の構造(皮膚科学)、爪の病気とトラブル(爪の生理解剖学)、ネイルケアの手順などの基礎知識から出題されます。

 

協会では、実技試験の参考図書として、協会付属のJNAテクニカルライブラリーから刊行されている「爪の構造図ポスター」や、DVD教材「JNAジェルネイル技能検定試験 初級テクニック講座」の使用を推奨。

 

筆記試験についても、同協会が刊行するテキスト『JNA テクニカルシステム ベーシック』『JNAテクニカルシステム ジェルネイル』などの参照を推奨しています。

 

受験にあたり、優遇措置もあります。日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)主催の「ネイリスト技能検定」3級以上の取得者には、実技試験の第1課題を免除するというもの。※実技試験第1課題免除者は、第1課題終了時の状態に仕上げておくことが必要です。

 

2013年6月に実施された第8回試験では、初級の合格率がは70%前後となっていました。初級の検定に合格すると、「JNAジェルネイル技能検定試験 初級」の受験資格を得ることができます。