ネイルスクールを選ぶ際に気をつけるべきポイントとは?

赤いネイルの写真

憧れの職業であるネイリストへの第一歩を踏み出すために、ネイルスクールに通おうと考える方もいらっしゃると思います。

 

ネイリストとして活躍するための一番の早道になるだろう、ネイルスクールですが、どのような点に注意をすれば自分にあったネイルスクールを選ぶ事ができるのでしょうか。

 

通いやすさを吟味する

ネイルサロンの写真

どうしてもネイリストになりたくて、自宅からは遠いけど評判の良いネイルスクールに通う事を決める方もいらっしゃると思います。

 

もしも、そのネイルスクールが職場や他のお稽古場がある近くであるのなら、全く差し支えはないと思われますが、もしもそのスクールに通うためだけにはるばる遠方まで出向かなくてはならない場合、少し考慮した方が良いかも知れません。

 

ネイリストとして立派に活躍できる様になる資格取得までには、それなりの期間が必要です。プロのネイリストとして着実にスキルを身に付けるために、1〜2年の期間を費やすのが一般的です。

 

それであるならば、それだけの期間、毎レッスン遠方のネイルスクールに通えるかどうか、真剣に考えなくては途中で挫折する事になり兼ねないでしょう。

 

就職・独立開業のサポート有無

他の美容系のスクールに比べて安価とはいえ、せっかく学んだ技術を活かせなければ全てが無駄になってしまいます。

 

そんな残念な事を避けるためにも、スクールを選ぶ際にはそのネイルスクールが卒業後に一体どこまで個人をサポートしてくれるのか、事前に知っておく必要があるでしょう。

 

もしも、就職先を斡旋してくれるスクールであれば、就職活動など余計な事に頭を悩ませる事なく、安心してネイリストとしてのスキルを伸ばす事に専念できるはずです。

 

将来的には独立開業したいのに、ネイルスクールで、そのサポートを全く受けられないのであれば、ネイルのスキルとは別に1からコネクションを築いたり、開業のための勉強を行う必要が生じてくるでしょう。

 

規模が大なり小なり、自分でサロンを立ち上げるとなれば、一事業主としての能力が試されることになります。

 

ですからスクールを受講する前に、ネイリスト資格を取得後、自分がどんな目標を持ち、どんなビジョンを描いているのか、どんな形でネイルと関わっていくのかを明確にする事によって、本当に自分に合ったネイルスクールを選ぶ事ができるのです。

 

申し込む前に見学をする

ネイルカラーサンプル写真

スクールを選ぶ際には、まずは自分の気になるスクールを5〜10個ほどピックアップ、資料請求して詳しく中身を確認したうえで、3つほどのスクールを実際に見学してみることをおすすめします。

 

多少面倒に思えるかもしれませんが、ここまで念入りに調査することで、スクール選びで大きく失敗するリスクは避けられると思います。

 

ネットの情報や紙の情報だけでは、やはり得られる情報に限界があります。クラスの雰囲気や講師との相性などを見極めるうえでも、実際にスクールを訪問してみましょう。

 

スクール選びに便利なサイト

ブラッシュアップ学びキャプチャ

自力でネイルスクールを探し出し、1つずつ資料を請求して比較していくのは、地味に大変な作業です。「ネイルスクールラボ」を活用すれば、全国200校以上の講座を一目で比較、気になる講座の資料をまとめて請求できるので非常に便利です。もちろんサービスは全て無料。資料には無料とは思えないほど、体験者の声やネイル検定の詳細などが書かれていますので、パラパラと眺めているだけでも楽しいですよ♪

 

 

詳細ページはこちら